忍者ブログ
西雲東花についての連絡所です。 トラックバックは現在受け付けておりません。
 7 |  6 |  5 |  9 |  4 |  3 |  1 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Aブロック作品
自分を棚上げした感想です。


A01  締切直前における特定の覆面作家企画4参加希望者の漸近線的記録あるいはマグネシウム燃焼時的アイデア
 確かに面白いんだけど…。このネタ、どうなんだろう。小学生の頃に、日記が毎日の課題だったんだけど、ある日ある女の子が「日記に書くことがない」という日記を提出して、それが学級新聞に載った時の、あの「どうなん、それ…」って気分を思い出しました。こういうの「できるけど、やらない」が醍醐味なんじゃないかなぁ。
 ・あざといことでも、案外やっちゃうタイプか?

A02  □□■□□   □□□■□
 記号の意味がわかんなーい(考えろよ)
 このお話、言語的には日本語と考えていいのかしら?音が「迦陵頻伽」だし。でも、なぜ日本語なのかしら?日本人なの?
 今気付いたけど、もしかしてモールス信号か何か???
 ・記号を使う辺りに何かヒントはないかしら。

A03  アガトの巡礼
 戦争、巡礼(宗教)と国家の軋轢など、ある意味状況設定が盛りだくさんなので、ちょっと満腹になりすぎる感じ。いっそ、少年の特性を薄めても物語としては充分に成り立ったのでは?あと、読点の使い方が気になりました。
 ・読点。状況盛りだくさん型?

A04  クロランドの流れ矢
 それで流れ矢ね。基本を踏襲しながらも、登場人物の描き分けが面白くて、最後まで読ませる。アリンのポンポン喋る感じが愉快。
 ・過不足なし型?キャラクターに特徴?

05  狼は邪心を知る
 重厚さから一転した、軽快なこちら側。どええ~。コントラストが凄すぎて、びっくりした(笑)そして気を抜かせた上でのラストの落とし。ここの呼吸が絶妙で、読者は一撃でノックアウト!わたくし、心を撃ち抜かれました。これはシャッポの脱ぎ放題だ!
 ・相当な手練。古典風の重厚さも、軽妙洒脱な笑いのセンスもある様子。

A06  たとえ何があっても
 進む道があるって幸せだよね(遠い目)それにしても机上の演習訓練に、奇策で勝利したクェスにヤン提督@銀英伝を見たのは私だけか?しかし、本当に足引っ張られるぞ、あんた。
 ・ある程度、戦術というものに慣れているのか?

A07  ドM道
 ヨシナカって姓なの名なの?弟がトーシローなら、兄やんはヨシナカじゃないのか?でもクロードって呼んでる。クロードが姓なら、兄弟みなクロードなんだから「ヨシナカ」と「トーシロー」と書くのでは?それともクロード博士ってことなのかしら。ミッチーのキャラが濃いが…濃いだけに読者を選ぶところがあるかも。
 ・今のところなし。

A08  大都会の秘密基地
 書きたいことは伝わるのだが。下水の解説の辺りは児童向け学習書っぽい。
 ・エクスクラメーションマークが半角。

A09  空の果て、あの道に
 綺麗は哀しい?途中経過がいきなりさらっと抜けているので、ちょっと感情移入に戸惑いました。結局、なんで死んだの?
 ・今のところなし。

A10  月のゆりかご
 2人のサンプルから遺伝子をシャッフルして新たに作ったサンプル…を「子ども」と言えるのだろうか?そこのところ、読者の意見割れるんじゃないかな。なんだか、違和感が残った。
 ・今のところなし。

A11  かえりみち
 冒頭から「ああ、そういうことね」と予想はついていたのですが、丁寧に描き込むことで、夏の物悲しさを漂わせる作品になっていると思います。全体に「若さ」「若い」ということが的確に描かれていた気がします。
 ・しっかりした文章で読ませる力量あり?かなり大人な人?

A12  もんどう 注
 好き好きですが、私は苦手です。ひらがながズラッと並んでいるだけで、いやはや、読む気を完全に殺がれます。ざっと見ましたが、そもそもこれは小説ですか?注マークがあった理由がわかりました。タイトルの「もんどう」は「問答」で良いのかな?
 ・推理不可

拍手

PR
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
プロフィール
HN:
らっきーからー。
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
Copyright ©  西雲東花報告処  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]