忍者ブログ
西雲東花についての連絡所です。 トラックバックは現在受け付けておりません。
 13 |  15 |  2 |  14 |  12 |  8 |  7 |  6 |  5 |  9 |  4 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Gブロック作品
自分棚上げ感想、順次挙げていきます。

G01  柵の向こう側へ
 厩舎って言うからレクスは馬の名前かと思ったんですが、ああ、そういう名前の生き物なんですね。閉鎖的な村の中に囚われていた少女が、外からやってきた楽士と共に旅に出る…というのは、たぶん良い話なのですが。どっかで「通りがかりの余所者にそんなこと言われてもなぁ」と思うのは私だけ?「外の世界に行けばいい」そんな簡単なものではないですよぅ、と田舎者は叫ぶ。田舎者が外に行くだけでも相応の危険を伴いますし、てか、ぶっちゃけどこ行っても人間社会がある以上は権力構造そんなに変わんないし(アルフォンソが別の誰かになるだけ)旅の楽団だって完全に自由なわけでもない。彼らも社会からは完全に切り離せない。これは世界設定次第でしょうが、いざという時はマレビトとして下手したら差別や非難の対象にもなるわけで、どうも少年の言い分がその辺りの葛藤を乗り越えた上での発言とは思えず…。だって彼は旅の人なんだもの、問題があれば去ればいいだけ。そういう人に閉鎖社会で必死に生きている人の気持ちを忖度できますかね?あと、彼女は彼と逃げちゃってラッキーかもしれませんが、逃げちゃった責任誰が取らされるの?叔母さんピンチ!?てか、レクスが貴重ならアルフォンソもどっか森の中にでも繋いで、後で回収できるようにしとけよ。いくらなんでも、本当に逃がしちゃったら領主も庇いきれないっつの。などなど、いろいろと突っ込んでしまいました。ごめんなさい。
 ・馬好き?

G02  ノストラダムスによろしく
 まあ、冒頭から「ふんふん、つまりすれ違うけどラブなのね」と気楽に読めました。なんであんたはそんなに「好きになってもらえない」と思いこんでんの?と質問したくなりますが。全体として安心して読めます。
 ・今のところなし

G03  ――み・ち―― 注
 こりゃ注だ。純文っぽいような。リズムと言い、なんか独特の世界を作っちゃった感じだー。気分は昼ドラモードっすよ。…もう、何をどうしたらいいか、わからんです。
 ・独特の世界

G04  道端の石 注
 年の頃13か14くらいなら、呼称は「女」より「少女」の方がいいと思うんですけど。「娘」でも良いかな。偽物の「娘」なわけだし。それから男と少女の感情のもろもろがあんまり読み取れないです。なので、最後のナイフ渡すシーンも「逃がす気なのか、自分でケリをつけさせる気なのか」が判然としない。どちらとも解釈できるではなく、どっちでも釈然としない。そもそも、裏組織の雇われアサシンが警察に捕まったら、無事逃げおおせても組織に殺されるのが常道です。だって、警察から無事に逃げる=捜査用おとり、と思われかねない。まして幹部の顔知ってたら刑務所の中だろう土地の果てだろうと、つけ狙われるって。
 ・「ビニル袋」の表記は誤植かフェイクか素か。

G05  素晴らしきベタな日
 ベタ研!バカ万歳(笑)しかし、トロールのような部長って、すご…。ベタと王道に対する高い見識(?)に好感が持てました。
 ・今のところなし

G06  深紅の森
 この森の中は「太陽が見えないから朝も昼も夜も分からない」とのことで、時間がわからないということは、木漏れ日も差さないということですよね?さすがに日が差せば昼と夜の区別はつくはず。そのわりにフォルスが灯りをともすことなく森を進んでいる様子なのが、少し引っかかりました。足元見えなくないのかな。それとも森の中は不思議とぼんやり明るいのかな?私の読み落とし?それと、前半の状況説明(なぜ森に来たか、来たくなかったけど来たのはなぜか)よりも、森そのものの魅力(魔力?)にもっと文章を費やした方が雰囲気出てよかったんじゃないかなぁ、と。タイトルも森だし。「来たくなかったけど見捨てられなかった」というのはフォルス一人の時に愚痴らなくても、陽炎の樹がほしい理由を聞かれた時に答えれば充分だったんじゃないでしょうか。
 ・今のところなし

G07  父へ
 全体に抑えた文体で、感情的になりそうな内容を淡々と書いているのがすごいと思います。最後まで冷静な展開で、雰囲気もすてきでした。が、いくつか。幼すぎる女の子は「父と暮らす方が楽」との打算が働くでしょうか?ここは「友達と離れたくなかった」くらいで良いと思うのですが。それに養育費をもらいながら、ほとんど父を意識しないということがあるんでしょうか?金銭的苦労がピンとこない年代ならともかく、やはり大学生くらいになれば多少は考えるのでは?
 ・今のところなし

G08  かつて歩いた道
 前作が父と娘。今度が母と娘。前作同様に、抑えられた筆致で、冷静な話運びはすてきでした。離婚の理由はこっちの作品の方がわかりやすかったかな。…ただねぇ。そんなに女を捨てることが悪いことなの?人を指差して笑うところが、同性として嫌だったなぁ。
 ・一人称が「うち」はフェイクか素か

G09  畦道の少年
 ボケツッコミの流れが嫌いではないです。何か劇的なことがあるわけではないですが…夏休みだぁ、って気分になれました。
 ・関西弁はフェイクか素か

G10  草いきれの道
 生まれた時から刷り込まれるように戦争について語り聞かされてきた。それだけに戦争ものについては言葉にするのが難しい。広島のこの日に読んだからから、かな。
 ・今のところなし

G11  旅は道連れ世はソーダ味
 小学生のひと夏の冒険!良いなぁ、夏休みだ!
 ・今のところなし

G12  エバーグリーン
 やばい。好きかも。いや、好きだ。でも何が何だかわかんないよ。でも、イメージだけは間違いなく鮮烈で、ずうっと奥の方に入ってくる物語。よくわかんないけど、でもやっぱり好きだ。
 ・かなり独特の話でも書ける人?

拍手

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
プロフィール
HN:
らっきーからー。
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
Copyright ©  西雲東花報告処  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]