忍者ブログ
西雲東花についての連絡所です。 トラックバックは現在受け付けておりません。
 254 |  253 |  252 |  250 |  246 |  245 |  244 |  241 |  238 |  237 |  235 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夏が終わっていきますね。
いろいろありました。

私が言いたいことはただ一つ。
右だろうが、左だろうが、そんなものは問題ではない。

図書館は、美術館は、博物館は、出版は、表現は、美術は、芸術は。

どのような外圧によっても、挫けてはならない。
相手がヒトラーであろうと、ニクソンであろうと、国連であろうと、名も名乗らぬ一市民であろうと。
外部からの圧力によって捻じ曲げられてはならない。

決して。
そう思います。




子どもに読ませたくない本がある。
親はそう言う。
それなら、子供から本を取り上げるのは親の責任だ。
あるいは、逆の方向から書いた本を与えるのも親の責任だ。

間違っても、それはお役所の仕事ではない。
図書館の仕事でもない。
司書の仕事でもなければ、政治家の仕事でもない。

親の仕事です。

甘えんな親のくせに。
誰かが何かしてくれる、そんな了見で子どもを育てんな。
子どもに最初の教育をするのは親の責任だ。
叱って嫌われたくないとか、阿呆なことを考えるな。
嫌われても、言うべきことを言って、初めて親なんだ。

役所に、図書館に、責任代わってもらおうなんて、甘えた考えなら親になるな!


そう思います。
そう考えることができる親なら、図書館の本を排斥するような陳情は決してしないでしょう。

親よ、甘えんな。

拍手

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
プロフィール
HN:
らっきーからー。
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
Copyright ©  西雲東花報告処  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]